「アフリカ」タグアーカイブ

40m 西アフリカ

二月に入ってから西アフリカが夕方に入ってくることがある。

  • 02/01 06:40Z 9G 9G5AR (LOTW/eQSL cfm)
  • 02/14 07:26Z C5 C5YK (eQSL cfm)
  • 02/18 07:49Z 6V 6W1SR

この時間帯は近距離 DX や NA/SA をやっている局が多い。
私は 340° 方向でひたすらスタンバイ。
いつもドジョーがいるわけでないが、時にイギリスやスペインをゲットすることもある。

西アフリカでないが、アフリカ中部も入ってくることがある。

  • 01/22 15:51Z 9X 9X2AW (深夜だが)
  • 02/03 06:48Z TR TR8CA

なにせショボ波だから、パイルになってしまうと当たらないこともある。

9G ガーナができたのだから、その北にある XT ブルキナファソも淡い期待ができた。
無論沿岸部と内陸部とでは事情が異なるとは思うが。

アフリカ 5Z/9X/SU

JT モードのアフリカ

決して良好とは言えない 15m のコンディションの中 25 Feb 0741Z SU9JG の CQ にコールバックがあった。
-19 のレポートをもらったはいいが、こちらの -09 が届かず、三回も送ったのに不成立。
折しもリグの不調から QRO (と言っても 25W → 40W にする程度) できなかったのは痛かった。

次は思いっきり夜更かしの 40m の話。
翌日 1748Z 突如
1748 -23 0.5 1027 # 5Z4/DL2MRC KI88
エッ 5Z って、もしかしてケニア !?

EU からもコールするので、一発でできないことは百も承知でコール。
ON7GB, RW9QA と QSO したところでコールバックがあった。
こちらはレポート二回で成立。

それから数日後の 03 Mar 0531Z そんな時間に 15m に飛び込んで来たのは 9X2AW
こちらも EU の嵐の中、 運良く 30 分くらいでゲットできた。

喜びも束の間今度は先日できなかったあの SU9JG が 15m JT9 で出てきた。
JT9 なら何とかなるだろう。
一発でコールバックされ QSO もスムーズだった。

斯くしてアフリカの三エンティティをゲットできた。
LOTW はディジタルで zone 34 と zone 37 が足りなかったが、 LOTW ユーザーは 9X だけのようだ。
しかし今回はタイミングが良かっただけに過ぎナイ。
複数バンドは夢でしかナイ。

後日 9X はマネージャにまだログが届いていないとのことで、 態々ログをメールで確認してくれた。

後日 5Z も 9X も SU も皆 LOTW でコンファームできていた。
これで WAZ digital も揃ったことになる。

TR (Gabon)

この局 TR8CA は一昨年一度か二度 EU との QSO がデコードされたことがあった。
EU の方が近いし、当時は WSJT-X 1.1 であったため、たといコールバックがあってもデコードされないことがあり得ると思ってコールを躊躇った記憶がある。
今はとりあえず 1.7 r6675。

TR ガボン

しかし今回の信号は充分 QSO 可能な信号であったし QSB も気にせずともいいくらい (-08db – -14dB) だった。
10:04UTC 前の 10 分くらい他のバンドにいたので、 TR の出現に気づかなかったのだった。
周波数を変えてコールすると、赤くなりホッと胸をなでおろした。

件の UA9OGZ 局は一時間半コールし続けてやっと QSO できていたようだった。
信号がなくなったし、73 を送ることも少なかったので、他人事ながら何局 QSO してるかを数えてみた。
二時間弱で 25 QSO もやっていた。それですら途中には CQ も出したり、CQ 局をコールしてたりなのだから。

翌々日朝には eQSL も届いていた。

それにしてもこんなアフリカのど真ん中、滅多にありつけるもんではないと思っていた。

ローカルの友達は TR8 なんて見た事無いようなプリフィックスだったからと 30m JT65 でコールして QSO できたが、「TR なんてカントリー、どこにあるのか知らない」というような幸せものだった。

現在地
ルートを検索