「HamRadio」カテゴリーアーカイブ

不思議な Gnome – CQRlog

Ubuntu Impish 21.10 をやっていて CQRlog 自体には問題がなかったが、他の部分での問題が鼻に付いてきた。 例えば Firefox でコピーしたものが gedit や Chromium にペーストできない。 私の環境だけなのかもしれないが。

それでも Kubuntu, Lubuntu, Xubuntu は移行する気になれなかった。
それで 2020 年ころ OH1KH に奨められて当時の Fedora 33 を試したことがあったので、二月初旬 Fedora 35 でいいかと。 F35 は DashtoDock が取り入れられたりして少し戸惑ったところもあった。

暫くは Ubuntu Jammy の Daily Build でも試していたんだが、記憶では 4/19 バージョンでは異常はなかったと思う。
ところが 4/22 バージョンになって Gothub ソースを make, sudo make install してみると CQRlog エントリー画面でコールサインをインプットすると 88JJ11RRLL のようにダブって入力される。

doubled

Qt5 でコンパイルすれば、この問題は起きないが、フォントが反映されないのがオモシクナイ。
翌日の正式バージョンも同じだった。

しかし Kubuntu Jammy も Xubuntu Jammy も異常ナシで Gnome だけが問題だった。
kernel も 5.15.0-25, -27, -30 と試したが同じだった。
CQRlog のフォーラムにもこの手の話題がないので、私だけなのかなあ?と思ったり。
CQRlog の言語である Free Pascal の GUI コンパイル・ツールである Lazarus のインプット欄でも同様のことが発生する。実行時引数にデフォルトで -debug=0 が入っているが、0 を消そうにも BS キーを押すと =0 が二文字削除され、頭では -d の二文字単位で削除される。

今日 (5/24) 他件で Ubuntu Jammy を起動すると kernel バージョンアップ 5.15.0-33-generic が来ていた。
早速インストール、再起動後、またコンパイル。
そのままターミナルで cqrlog debug=1 を叩く。 New QSO ウィンドウが開く。
コールサインを入力。OK だ。 Grid Loc を入力、 OK だ。
回復に一ヶ月かかった。

ボツボツ Gtk2 も切り捨てに近い時代なのに Gtk3 の make はまだ用意されていない。

RDA-1000 達成

2014/06 に JT65 を始めたとき、ロシアから RDA:KR-34 だの VR-05 だの RDA LP-04 と書かれた eQSL を受け取ることが多くなった。
そこで「RDA って何」と検索してみる。
当時冒頭に「紙カードの他 eQSL、LOTW も有効」と謳った TAG = Tambov Award Group の https://rdaaward.org のサイトが出てきた。
ロシア局を検索しても RDA が qrz.com に書かれることは滅多にないので、qrz.ru で調べたりしていた。 (後に登録必須のシステムに)

当時 JTDX 作者 UA3DJY イーゴルとメールのやり取りをしていたことがある。
その時レアな RDA を教えてもらったことがある。 CK, IN, NO の三つだと。
NO-02 は 2019/06 に UA1PBD とそして IN-08 は 2019/08 に UA7Q を偶然見つけ、同じ月に CK-01 の RU9MV/0 が QSO できた。 斯くして全 85 オーブラスチが QSO できた。
せっせと SASE を出して 2015/09 にはなんとか 250 を超えることができた。

紙申請のため GCR が必要で、規定には「最上位のライセンス所有者」またはオフィシャル・クラブのサインが必要と。
アワードが帰ってきたとき、ビックリした、なんと 282 もコンファームされているという。 その時 Aвтозачёт RDA 「自動クレジット」 https://mydx.eu のサイトは知らなかった。
TAG メンバーのログにコールがあればその RDA をコンファームできるというもの。
2019/05 なんとか RDA-500 にたどり着いたものの GCR もらうのがえらくメンドーになってきた。
2020/07 次月から eQSL は無効とのお達し。 不正申請が多くなったのであろう。
恐らくその後 TAG メンバーが増えたため順調に RDA を増やした。

  • 2020/11 頃自動クレジットページから PayPal による自動申請ができるようになった。
  • hamlog.ru (ロシアでハムログといえばコレ)は既に登録してはいたが、当時 активатор になるためには二名の активатор の推薦を受ける必要があった。
  • 2020/12 自動クレジットページに紙カード・スキャンのアップロード機能が付いた。
  • 2021/01 hamlog.online の HQSL 自動反映を予定のアナウンス。
  • 2021/02 hamlog.omline で активатор の手続きが局免スキャンに簡単化された。
  • それでまた数十の RDA が自動クレジットページで増えた。
  • リグのファイナルやっつけて 50 日ほど QRT。
  • 2021/06/17 RDA 950 まで達成。
  • 2021/08/01 RDA 968
  • 2021/09/01 RDA 1001

HQSL は Turbo Hamlog のもの(h-QSL とすべき)ではない。

この時期ロシアへの航空便は出せないが、ロシアからの郵便物は届く。

CQRlog の adif 操作

adif はテキストファイルであるから grep, sed, awk でカンタンに操作できると信じていた。
しかし CQRlog の出力する adif は QSO データが 20220103 や PJ07 Y で改行されたりで非常にキチャナイのは確かで qrz.com デスクが貶すのもわからなくはない。

然もタグが全て大文字であることもキチャナイ原因の一つだ。 昔 html4.01 のころも大文字を使うのが多かったが、html5 になって小文字になったのでソース見てもキレイだ。
それでときには「整形して」出力することもある。

  • まず <EOR> で改行し、途中は改行しない
  • 一行毎に空白行を置く
  • タグの前にスペースを置く
  • 行頭のスペースを削除

ってことにしようと思う。 空白行はよけいかも。

cat ~/A.adi | awk '{gsub(/<EOR>/,"<EOR>\n",$0);printf "%s",$0}' | sed -e 's/^\(.*\)$/\1\n/g' | sed -e 's/</ </g' | sed -e 's/^[   ]*//' > ~/B.adi 

awk は教えを請うた。