「ubuntu」カテゴリーアーカイブ

CAT は UDP ? — CQRlog

これまで JTDX を CAT 接続するに

  • 1) CQRlog 起動
  • 2) Ctrl + J または File –> remote mode for wsjt

で JTDX を起動してきた。 Preference に /usr/bin/jtdx 指定で。

SuperFox Mode が発表されても、JTDX 開発者の UA3DJY Игол がウクライナ侵攻以降 JTDX フォーラムに出てこないので、対応は見込めないかもしれないと考えた。

やむなく WSJT-X との二本立てを決意。–force-overwrite オプションを付ければ dpkg でインストールできると知った。

さて切り替えは?

UDP が何者か知らぬ私に OH1KH Saku は CAT 接続する自体が「知らんうちに」 UDP を使っていると教えてくれた。
それまで 「UDP, 無縁のもの」だったから、てっきりスクリプトで切り替えるものと思い込んでいた。
結果は JTDX/WSJT-X 双方で UDP 使用にチェックを付け、起動したいアプリを起動し、 CAT 接続、それだけでよかった。 つまり複数を切り替えるために UDP 使用ということらしい。

またもや BIOS か

今の Ubuntu 24.04 は 5/20 に BIOS F38 (2024-03-26) でインストールした。
しかし 6/29 ブラウザ画面でクリックしても反応せず。やがて三画面とも真っ暗に。

PC 自体はストップしていないのでビデオカードを疑った。 RX 6600 –> RX 5500XT に変えても真っ暗のまま。 急遽応急の win 機で AI に相談。 電源・M/B・BIOS などに原因の可能性と言う。

電源も予備を持っていなかったので手配。 M/B も MSI のチンケな機種を手配。
夕方再び Ubuntu 機 ON。 フツーに起動。

届いた MSI X570 TOMAHAWK チンケな割に重かった。 現用の X570 AORUS MASTER はバックプレート付きだからもっと重いが、 その前に使ってた機種 1,102g。
ソレに対して TOMAHAWK は 1,290g もあった。恐らく VRM 周りのヒートシンクかな。
7/07 再び三画面真っ暗。
7/08 朝イチ三度目の三画面真っ暗。 BIOS バージョンチェック。ナヌッ、F39a だって? しかも日付が 2024-04-11 二週間ほどで更新。 5/20 にはサイトページになかった・・・

ソレ以降十日ほどになるが前兆もなく順調に動作している。
メモリがあれば Ryzen 5 3600 で CORSAIR 680X にもう一台組むことはできるが、スペースもないし、必要性もない。

検索画面 exactly 解消 – CQRlog

普段よく Locator を検索する。 しかしデフォルトが Exactly になってて使いにくい。
以前にも fFilter.lfm は開いたことがあるが、該当項目を発見できなかった。
デフォルトは ver.alpha_(129) で

     object rbIncludeLoc: TRadioButton
      AnchorSideLeft.Control = edtLocator
      AnchorSideTop.Control = rbExactlyLoc
      AnchorSideTop.Side = asrBottom
      Left = 8
      Height = 23
      Top = 64
      Width = 73
      Caption = 'Include'
      TabOrder = 1
    end
    object rbExactlyLoc: TRadioButton
      AnchorSideLeft.Control = edtLocator
      AnchorSideTop.Control = edtLocator
      AnchorSideTop.Side = asrBottom
      Left = 8
      Height = 23
      Top = 41
      Width = 74
      BorderSpacing.Top = 1
      Caption = 'Exactly'
      Checked = True
      TabOrder = 2
      TabStop = True
    end

であるので、Checked = True を入れ替えるだけでよかった。
Locator だけでなく、Award や County など必要に応じて。Award は rbExactlyDiplom/rbIncludeDiplom になっていたりする。

この .lfm ファイルはコメント付けができないので、別名(例えば fFilter.LFM-3)でコメントを付けて myCQR フォルダに保存している。