「ubuntu」カテゴリーアーカイブ

Ubuntu 18.04 ログイン・ループ

今は最新 CPU Ryzen 7 2700X で Ubuntu 18.04.1 を起動しているが、紆余曲折があった。
起動時ワイン色の画面上部に「||||||」が右端まで走る。 これも見たことない。
DVD 焼いて起動しても所謂「ログイン・ループ」になってしまった。 この現象は今まで経験したことがなかった。

Alt + F2 なども受け付けられなかった。
起動メニューの出し方は頭になかった。
検索すると、Shift 押しながらスイッチオンするというもの。

起動メニューが出てこなかったので不安だったが、暫く時間はかかったけれどデスクトップが表示された。
これで胸をなでおろした。

しかし、nautilus の日本語フォルダを英語にしたあと、ログオフすると、またもやログイン・ループ。 強制終了後再起動するとログイン・ループは二度と来なかった。

Unknown Chipset – Ubuntu

Ubuntu Xenial 16.04 を再インストールせざるを得ない状態になった。

オンボードでライブ DVD を作成し、 Nvidia GTX 1050Ti を刺し、 DVD を起動させるも黒画面のまま「_」が点滅するだけ。
次にオンボードで SSD にインストール、 言語インストールや更新インストールを済ませた。
Nvidia GTX 1050Ti を刺し、 SSD を起動させようとすると、

[5.025292] nouveau 0000:01:00.0:
unknown chipset (137000a1)

モチロン、 検索で得られる記事や回答をすべて試した。
三日ほど悩んで unknown chipset で検索してみる。
カーネル・アップデートをすれば良いという回答を見つけたが、 今の 4.4.0-128 より新しいと言っても 4.4.0-130 でしかない。

何かの記事を見た時に HWE というものを目にした。
「HWE ってなあに?」って検索した時、 Hardware Enablement の文字を見て「これだ!」

HWE (Hardware Enablement) カーネルを使う

sudo apt-get install linux-generic-hwe-16.04

土曜ナイトということでダウンロードに時間はかかったが、無事
4.15.0-24-generic
がインストールできた。
GTX 1050Ti を刺し、オンボードの時より 2 – 3 秒多くかかったが無事起動した。

ところが気になる点が。

HDD の時、 GTX 750 から GTX 1050Ti に換えた時 15.6GiB あったメモリがオンボードの時と同じで 14.6MiB しかない。 なぜオンボード分のメモリが開放されないのだろうか。

ハム泣かせのビーバー

ビーバーとは Ubuntu 18.04 Bionic Beaver のこと。
グラフィックをオンボードにして Xenial Xerus 16.04 と Bionic Beaver 18.04 を別々の SSD にインストールした。 Bionic がどうしてもダメだという時の避難路のために。 この先 GNOME になるのはわかりきっているから。

Bionic にオンボード状態で nVidia ドライバーを ppa からインストール。 スグにはビデオカードを付けず、アプリ・インストールなどの作業をしていた。 今まで目にしたことのないワケわからぬメッセージが二回ほど現れた。『ドライブを停止できません』。

恐らくドライバー入れただけでオンボードで作業しているからだろうと想像する。

WSJT-X をインストールしようとした。
deb をダブルクリック、案の定 Ubuntu ソフトウェアに跳ばされる。
「インストールできません」と宣(のたま)う。
ならばと dpkg –force-conflicts と手段を変える。
いくつかのファイルがナイと仰る。

synaptic で確認すると、インストール済みにはなっているが、再インストールした。

ところが一個だけ synaptic にも存在しないファイルがあった。どうも Bionic になって削除(収録除外)になったようだ。
libreadline6 というファイルは
https://pkgs.org/download/libreadline6
からインストールした。

もう一つ、UAAC これも deb ダブルクリックではインストールできなかった。こちらも二つ synaptic からインストールした。

JA では既にマイナー趣味だが、世界的にもマイナーなんだろうか、ハムは・・・・・。