COVID19 で開発時間が足りない ? – Focal

Focal Fossa 20.04 が公開されたので早速インストールしてみる。
Focal の前々夜祭でもある 4/21 付の Daily-Build も試してはいたのだが、このときは何とか解決した。

私は左をタテ置きにした三画面構成の環境だ。

しかし Ubuntu のディスプレイ設定画面で「設定」ボタンを押すと、アレレ、ニ画面に。
再起動して再び Ubuntu のディスプレイ設定画面を開くと、左画面は消えたまま。
nVidia 設定画面を開いて左画面は中画面の後ろに隠れ OFF となっている。

しかし何度やっても同じだったので、20.04.0 は 20.04.1 を待つしかないと判断した。
Ubuntu の画面設定を無効にして nVidia 設定だけを活かすことができればというのもアリだが、常用するアプリの起動が遅い点もあって Focal は見送ることにした。

好きだった岡江久美子さんも Covid19 で逝ってしまったし・・・・。 63 歳じゃ若すぎ。

pdf アイコンをサムネイルに – nautilus

ここ暫くディジタル・アワードをダウンロードすることが多くなってきた。 今や 1,600 枚を超えた。
ダウンロードするのはいいが、 目に付いたのが最近のものが須らく Adobe の pdf アイコンになってしまっていることだ。
win では右クリックメニューにサムネイル表示があるらしいのだが、 こちらの nautilus にそんなものはナイ。
Dolphin だの MATE の caja だのも試してみるが、 全く変わらない。 caja は MATE デスクトップでないと動作しないが。

pdf アイコンがいっぱい

jpeg でダウンロードすればという問題ではない。
YB の 7I1TI, 8H11TS, 8G110JPR, 8A602K といった記念局は A5 サイズ pdf の QSL であるから。

もう少しで Ubuntu Focal が出る時期ではあるが、 Nautilus で pdf ファイルのサムネイル表示ができてないことに気づいた。
検索しても日本語サイトも英語サイトも .cache/thumbnail を削除という情報しかなかった。
モチロン、 ソレを実行しても改善しないからクマったものだ。 実行権がないというのはソレ以前の問題だが。

検索して二ページ目、Ubuntu 18.04 – Solve Nautilus という文字が目に入った。
Nikolas Bermaerts 氏が作成したスクリプトをインストールしてから、 サムネイル・キャッシュを削除するというものだった。

$ sudo wget -O /usr/local/bin/bwrap https://raw.githubusercontent.com/NicolasBernaerts/ubuntu-scripts/master/nautilus/bwrap
$ sudo chmod +rx /usr/local/bin/bwrap
// サムネイル・キャッシュを削除
$ rm --recursive --force $HOME/.cache/thumbnails/*

50階層

いつの頃からか特定のスプレッドシート・ファイルを開くと、

Automatic update of external links being disabled.

というアラートが表示されるようになった。

Update ボタンを押すと、 こんなダダ長〜いパスがアラート・ウィンドウに出る。
windows こそ 7 階層までしか認識されないが、 ナント 50 階層もある。
自分で使うのは普段は精々 5 階層くらいのものだ。

file:///home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/abcd/XY/home/NAME/Documents/efg/opqrstu.ods

モチロン自分で「外部リンク」を作った記憶もなく、 況んや何らかの操作ミスがあったにしても、こんなダダ長いパスはありえない。
検索してもこのリンクを削除する方法の記述はなく、 50kB ほどのシンプルなファイルなので、 内容を全てコピーして新しいファイルを作成することで乗り切った。

この手のバグは LibreOffice 6.3 ではフィックスされるようだ。