CRSA ができた

決して condx はよくなかったが、夜になって BD0AAI の CQ が出てきた。
中国とはいえ北西の辺境なので EU ビームでもよく入る。

実はこの局 7 月上旬 17m でコールした時
"J****K BD0AAI 73"
そしてレポートを送っても
"J****K BD0AAI 73"
と返ってきて QSO にならなかった苦い思い出のある局だった。

「お前とは QSO したくない」「JA とは QSO したくない」の意味だったのかと訝った。

そして昨夜。
コールしてレポートは返ってきた。
"J****K BD0AAI -12"
しかしコチラらが
"BD0AAI J****K -2"
と送ると、今度は EU の局にレポートを送っていた。

恐らく数局くらい同時にコールしていたものと思われるので、致し方ない部分はあった。

仕方なく EU に向け直して CQ を出して数局遊んでいた。
インドの新 Loc の局との QSO 終えてまもなくまたもや BD0AAI の CQ が入ってきた。

すかさず
"BD0AAI J****K -1"
とレポートを送ると
"J****K BD0AAI RRR"
が返ってきてこれで QSO 成立。"J****K BD0AAI 73" も送られたので気を良くした。

しかし、最初と最後で一時間以上のギャップがある。フツーに考えて一時間もの時間差は "Wrong Time" として cfm されないリスクがある。
最初の時刻とレポート送付の時刻とで eQSL にアップロードしておいた。
今朝それらがともに cfm されていた。

中国のコールエリア

その前に BY のコールエリアについて調べたことがあって、ゼロエリアだけ未 QSO だったことがわかっていたので、是非とも QSO しておかねばと考えたのであった。

なんでも CRSA Award というものがあり、 JA の AJD に当たるアワードがあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code