「QTH Profile」タグアーカイブ

今頃見つけた欠陥 – CQRlog

先ごろ 24.04 Noble で CQRlog を起動したとき、14 ~ 18 秒もかかっていた。 /home/NAME/.cqrlog は 22.04.4 Jammy のものを使っていた。 どうやら Noble のせいでデータベースに異常が起きたらしい。
しかし Noble がぶっ飛んで Jammy に戻っても Noble のときと同じく 14 ~ 18 秒もかかる。

やむなく以前の Jammy の cqrlog フォルダを適用して新しい QSO をインポート。 ちゃんと 3 ~ 4 秒で起動する。
ところが移動運用したときの移動地情報がインポートされていないことに気づいた。 エクスポートしたときはまだ気づいてなかった。 html エクスポートは Profile 表示があるが、adif にはない。

相談すると QTH Profile は <APP_CQRLOG_PROFILE> タグで扱うとのこと。 運用地番号 | 運用地 Loc | 運用地 | リグ情報 | をパイプ記号で区分するとのこと。(スペースは見やすさのため)
現状では QTH Profile はインポートもエクスポートもされない(重要)し、QTH Profile に沿った <MY_GRIDSQUARE> に置き換えてくれる親切心はない。
そこでインポート前に

cat pediA.adi | sed -e "s/<EOR>/<MY_GRIDSQUARE:6>運用地 Loc <NOTES_INTL:20>運用地番号|運用地 Loc|運用地|リグ情報| <APP_CQRLOG_PROFILE:20>運用地番号|運用地 Loc|運用地|リグ情報| <EOR>/" > pediA-1.adi

のように変換して pediA-1.adi をインポートする。 そうすれば検索ウィンドウから My Locator で検索もできる。 リグ情報は空白可能。 検索さえできれば Group Edit から編集もできる。
<MY_GRIDSQUARE:6>運用地 Loc を入れないと通常のホームの Loc になってしまうのを避けるため。

それにしてもこの手の苦情が CQRlog のフォーラムに見つからなかった、或いは移動運用者には使いにくかったのかなあ・・・ SOTA や POTA やる人には。