JTDX v16.0 succeded Linux (2)

最新リヴィジョン・インストール

ここからはターミナルで行う。 オプション指定をすればメニューからでもできる。
JTDX v16.0 をインストールするにも JTSDK からインストールした WSJT-X がなくてはならない。
即ち JTSDK を初めてインストールしたなら最新リヴィジョンの WSJT-X のインストールが必要となる。

jtsdk -d autorun -d skipsvn -e autosvn -e separate
jtsdk-wsjtx -b dev -n wsjtx -c release -t install

一行目はオプションの確認となる。
-d が無効、 -e が有効を意味する。
ただ、最新リヴィジョンが必ずしも安定版ということでないこと。
その場合は次のリヴィジョンを待つしかない。

インストールに成功した暁には

-----------------------------------------------------
 BUILD SUMMARY
-----------------------------------------------------
 Status ...: Development
 Name .....: wsjtx 1.7.0 r
 SVN URL ..: https://svn.code.sf.net/p/wsjt/wsjt/branches/wsjtx
 Source ...: ~/jtsdk/src/wsjtx
 Build ....: ~/jtsdk/wsjtx/dev/1.7.0//build/Release
 Install ..: ~/jtsdk/wsjtx/dev/1.7.0//install/Release
 KVASD ....: Not Required

 BUILD OPTIONS
 Number of cores ......: 4
 Cmake  Options .......: -D WSJT_GENERATE_DOCS=OFF -D WSJT_SKIP_MANPAGES=ON
 Global User Options ..: autorun separate 

 TO RUN WSJT-X
 cd .......: ~/jtsdk/wsjtx/dev/1.7.0//install/Release/bin
 Type, ....: ./wsjtx

r6809

ティルダは /home/NAME を意味して省略している。
Nautilus (ファイラー)を起動するとホームフォルダに jtsdk フォルダが生成されているはず。
最新リヴィジョンが成功しないとこれができないし、深層のファイルを操作することが JTDX v16.0 インストールに必要となる。

jtsdk-src-folder

JTDX への準備

ビルド済みパッケージは windows / Linux 問わず配布されていません。

JTDX v16.0 のソース

paste2src

この jtsdk – src – wsjtx フォルダを削除する。

そこへ src_JTDX_v16.0 フォルダ中の wsjtx フォルダをペーストする。

ペーストした wsjtx を開き v15.8_UI_1 をペーストする。

JTDX インストール

jtsdk -d autosvn -d skipsvn -e separate -e autorun

jtsdk-wsjtx -b dev -n wsjtx -c release -t install

最新リヴィジョン・インストールに成功すれば、 JTDX v16.0 も難なく済ませられるだろう。

JTDXv16_succeeded

Игорь の英文説明書には一旦リヴィジョンを r6462 にするというステップが書かれているが、先日「なくてもよさそう」とメールがあった。
一昨日届いた JTDX v16.1 の英文説明書もそのままになっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code