やったぜベイビー! WAS – LOTW

最後に残ったのが ME (メイン州)だが、何度か W 国内局をコールしているのを目にしているが、ME 局 WA2HIP の信号は弱くてデコードされたためしがなかった。
「他の局、捜さんきゃダメかなあ」とずっと思っていた。

二三日前 K1NOX なる局が CQ を出していたが、W 国内局の信号の方が強いんで、W 国内局がピックアップされるのは致し方ないと思っていた。
ところが 100Hz くらい下で JA1 から CQ が出て K1NOX はデコードされなくなり、やがて信号が表示されなくなった (QRT またはバンド QSY したのだろう)。

今朝 FN31 の信号が強めと感じたので、”CQ J*8**K ME” を出した。
ところがコールしてくるのは 9・4・6 と ME でない局ばっかり。

コールが切れたので、デコードされた信号リストを見ると、”CQ JA VO2NS”。
VO2 は確かゾーン2だったはずの思いもあり、また VO2 のプリフィックスも初めてだった。

VO2NS との QSO を終えると、ナントあの「今まで聞こえなかった」 WA2HIP の信号が -15dB でデコードされていた。
これを逃す手はナイ。
W 国内局との QSO を終えたタイミングを狙って空き周波数でコールしてみる。

時刻は既にいつもホームを出る時間を過ぎていた。
反応があった。-10dB と信号はよくなっていた。

もらったレポートは -19dB だったので、多分ダイポールとかバーチカルだったのではと思う。

昼に帰って来てからこちらのデータをアップロードすると、 eQSL も LOTW もコンファームされていたという塩梅。

WAS -completed

15m ミックスでは完成だが、 15m JT65 では二つたりない 48。(レアとは言えない MT モンタナとレアな ND ノースダコタ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code