xnec2c

今まで windows で MMANA-GAL Basic に頼ってきたが、Linux にも xnec2c というアンテナ解析ソフトはある。

それで試してみようと思うが、如何せん参考にするモデルがない。あっても 2m とか 70cm のものが僅かだけ。
已むなく windows の 4nec2 のモデルに頼ろうとするも、4nec2 で描画されるパターンも動かない。

あとになってからモデルリストのページを見つけたが、HF ハイバンド八木といったモデルはなかった。
そうしたところ、今まで気にかけていなかった NEC2 for MMANA で .maa から .nec に変換できることがわかった。
ところが、テーパリング指定(.maa で径に -1)は受け付けないことにガックリ。

取り敢えず、NEC2 for MMANA で .nec をゲットすることが目的なので、ワイアーを分割した 36 ワイアーの 4 エレのモデルを MMANA-GAL Basic で作り、自由空間だけさっと最適化したものとの二モデルから .nec を出力した。
4nec2 はインストールはしているが、 USB メモリに送った。
xnec2c では「正しく読み込めません」とカード設定画面が出てくる。
さもありなん、 CM カードがなく、CE カードから始まっており、しかも値には変な記号が付いていた。

そして GW カード部分も CM カードに入っていた。(ひょっとしたら ANSI で保存しちゃったかな)
gedit で CM カードを一行入れ、 CE として保存してやると、ファイルが開けて外観図が表示された。

しかし、周波数スウィープしようにも動かない。あ、と思ったら FR カードは基準の周波数だけだった。
ナルホド、ステップ数、開始周波数、ステップ幅、終了周波数が設定されていなかった。

FRcard0

それらを設定してやると、スウィープができる。

FRcard1

しかし RP カードの設定がまだよく呑み込めない。

RPsample1 RPsample2

といった奇妙なパターンが描画されたりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code