SeaMonkey (amd64)

今回の Ubuntu バージョンアップから amd64 ベースにした。
Raring Ringtail までは 32bit だったわけで、データも当然 32bit ベースなわけだ。

Gecko エンジンのブラウザSeaMonkey もそんなわけで
http://www.seamonkey.jp/
の 2.19 や
http://www.seamonkey-project.org/releases/
の 2.22 では何も起きないのだ。

結局は Contributed buildsで英語表記のまま利用するしかない。

その上の Language Packs も 32bit なので動作しない。
マ、ブラウザメニューが英語だってくらいは苦にならないので、とりあえず成功。


12/26 現在上記の www.seamonkey-project.org が接続できないので、
Package “seamonkey-mozilla-build”
から deb ファイルをダウンロードするしかないようだ。 tar.bz2 形式は他でもダウンロードできるが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code