知らんかった、モニター・バックライト

去年だったろうか、もっと前だったろうか、2018/02 購入のフィリップス 32 インチモニターがシロの jpg/pdf を表示させてもうっすらピンクになるという現象があった。
2009 年購入(記憶)の 23.5 インチ・三菱モニターもそうであった。 てっきり、モニターのカラーの問題だと思っていた。

しかし最近フィリップス・モニターがヤケに暗いことに気づいた。 アイコンバーのアイコンが区別しにくいのだ.いつも使うのは決まってるからマチガイはしないのだが。
よく見ると、画面中央ののほぼ半分が暗い色になってる。左右のそれぞれ 1/4 は明るい。
絵心ないが模写してみた。こんなにくっきりクロいわけではないが、こんな風だ。

バックライト劣化

PC はスリープは使ったことなく、いつもシャットダウンする。
それでも年間 4,000 時間ほどになるであろう。すると四年で 16,000 時間だから、「バックライトの寿命が来てもオカシクナイのだ。」と最近検索して悟った。

31.5 インチ 2560 x 1440 タイプがフィリップスではもはや廃番。 ゲームはしないので曲面モニターは要らない。残った選択肢は IO DATA とイイヤマ。 IO DATA を使ってみることにした。

2009 年購入(記憶)の三菱モニター RDT231 は昨年秋突然スィッチ ON ならず昇天した。
前述からすれば、こちらは持ちすぎで、逆にいえば「当りもの」だったと思う。
その時も 25 インチ 1920 x 1200 はフィリップスと IO DATA の二択しかなく、フィリップスを選んだ。25 インチを選択したのは JTDX をそれだけでタテ表示するためだった。

家電量販店行っても 25 インチを超えるものは 27 とか扁平の 29 くらいしかなく、ネットで購入するしかなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。