CQRlog の adif 操作

adif はテキストファイルであるから grep, sed, awk でカンタンに操作できると信じていた。
しかし CQRlog の出力する adif は QSO データが 20220103 や PJ07 Y で改行されたりで非常にキチャナイのは確かで qrz.com デスクが貶すのもわからなくはない。

然もタグが全て大文字であることもキチャナイ原因の一つだ。 昔 html4.01 のころも大文字を使うのが多かったが、html5 になって小文字になったのでソース見てもキレイだ。
それでときには「整形して」出力することもある。

  • まず <EOR> で改行し、途中は改行しない
  • 一行毎に空白行を置く
  • タグの前にスペースを置く
  • 行頭のスペースを削除

ってことにしようと思う。 空白行はよけいかも。

cat ~/A.adi | awk '{gsub(/<EOR>/,"<EOR>\n",$0);printf "%s",$0}' | sed -e 's/^\(.*\)$/\1\n/g' | sed -e 's/</ </g' | sed -e 's/^[   ]*//' > ~/B.adi 

awk は教えを請うた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。