GNOME 設定消えた

明けましておめでとうございます。

年明けの夕方、とあるサイトのログイン・アプリに挑戦。
パスワードは保存されているのだが、毎回コールサイン入力を迫られる。
それで WWPas なるアプリを導入せよと。
ところが sudo apt update 段階でエラーが発生。 どうも GoogleEarth が原因だという。
インストール時に「ソフトウェアとアップデート」に登録したらしい。
しかし、 GoogleEarth にはバージョンアップの確認などの項目がない。
それで GoogleEarth もチェックを外したり、付けたりしてアップデートした。
どうもうまく行かんわと WWPas 導入は諦めた。

CQRlog で LOTW コンファームのデータをダウンロードしていたら、急にダウンロード速度が落ちて、やがてはネット接続がタイムアウトしてしまった。

再接続を試みるも「設定」ボタンがなくなってるし、電源ボタンを展開たときに「設定」アイコンにペケが付いていた。

Ubuntu 20.04.1 で確認したのであるが、synaptic で「すべてアップグレード」を押すと gnome-control-center 「GNOME 設定」が実行すれば、削除されると予告が出ることがわかった。
それにしても通常のホームユースでは削除候補に上がるとは思っても見ないだろう。ウンターネット接続ができなくなってしまうのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code