USB ハブ

こないだまで 4 ポートの USB ハブにキーボード・マウス、そして USB メモリーを差し込んでいた。

ところがトータル 500mA という制限を知らなかった。
キーボード・マウスだけだったら、それぞれが 98mA とのことで問題なかった。
「WSJT-X 上の後半の周波数で送信すると、カタカタと音がしたり、送信パワーも波があるような状態になった。」というのはどうも USB ハブの使用法であったことに気づいた。

今はそれぞれ別ポートから給電しているので問題はなくなった。

こないだの S7 セイシェルはその後マネージャーから Not in Log だったとの連絡があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code