cabrillo とアワード

コンテストの標準ログ形式であるが、先のドルフィンズ・クラブはこれを推奨する。
GCR を取らないタテマエからなのだろう。
特に Hunters – ОХОТНИК では。

コンテスト対応でない CQRlog では期間 (2000 年以降)・ DXCC・バンドを指定して検索する。
この時「重複カット」機能があればと思うのだが、未搭載。

ファイル・エクスポート時に「日時・コール・周波数・モード・双方レポート」という指定にする。
出力された adif を cabrillo に変換するアプリが見当たらない。
数年前にはなかったが、今は G6GLP Tony による ADIF<>CBR なるウェブアプリがあった。

  1. adif ファイルを選択
  2. Upload を押す
  3. Output Cabrillo を押す
  4. CALLSIGN 枠にコールサイン入力
  5. 最初の No Save を RST Sent に切り替え
  6. 二つ目の No Save を Contact に切り替え
  7. 三つ目の No Save を RST Recvd に切り替え
  8. 変換された状態を見るには O/P Screen を押す
  9. 保存するには O/P File を押す

ファイル出力は一律に Cabrillo_file.cbr なので適宜リネームしておく。

cabrillo の QSO データは「タブ区切りテキスト」 .tsv なのでスプレッドシート MS-Excel や LibreOffice Calc で読み込むことが可能であるが、 特に時刻はコロン抜きのため 00:00 は cbr で 0000 とするので Calc などでは「0」となってしまう。

Ubuntu にはそれを助けるツールがあることに気づかなかった。
並べ替え(ソート)が必要なら

sort -t $'\t' -k3,3 /path/Cabrillo_file.cbr

必要に応じて -o でアウトプット。

重複カットも(ソート済原則)

uniq -f5 /path/Cabrillo_file.cbr

必要に応じて -o でアウトプット。

k3,3 は日付・時刻の列を表す。
-f5 は手前 5 列を無視して 6 列目の相手側コールサインを比較するの意味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code