「ビデオカード」タグアーカイブ

nautilus ウィンドウが高速ブルブル

2024-02-10 gedit 起動しても日本語変換がうまく行かないことがあった。
そしてテキメンだったのは nautilus を起動しても高速ブルブルで目当てのファイルさえ開けないほどだった。
取り敢えず gedit で AI に相談する質問文は作っておいた。
何が原因なのか見当もつかない・・・

翌日カセット式の M2.SSD を取っ替えて Fedora 36 を起動してみる、やっぱり同じだった。
そこで ChatGPT に相談してみるも、やはり日本語変換ができない。 やむなく拙い英語でやりとりをした。
AI の回答は「ブラフィックボード周りをチェックせよ」とのこと。 amdgpu もインストールしてないので、ビデオカードを取っ替えるしかないな。 それにしてもまだ一年半ほどなんだけどなあ・・・

確かに Gigabyte RX-5500XT に取り替えると症状は消えた。 ファンステーで 100mm ファンをビデオカードに向けて微風で回してたので、ホコリなどが基盤面に付着したせいなんだろうと思っていた。

過日ビデオカードを分解する YouTube を看たことがあった。 LED も付いてないので、前にトラブったビデオカードも開けてみようかな。
Gigabyte Eagle RX-6600 はウラに 8 本、ブラケット側に 4 本のビスがあった。 ファン・コネクターを抜いてみるとカンタンに分離できた。 最初に最も重要なグリース部分を触ってみた。 指にさえグリースが付かないほど硬くなっていた。
基盤面にはホコリの付着なんか見られなかった。

それにしても psensor が異常値を指さなかったのはどうして?

GPU 周辺にチップが二個ずつ L 型に並んでいて、ヒートシートが乗っていたが。それも硬かった。
しかしヒートシンク側に細長いバー状のものが二本並んでおり、それにもシロのヒートシートがある。そのヒートシートは硬くなく、分解時に注意が必要だ。

それでグリース塗り直しとヒートシート交換を行うことにした。 ヒートシートは M2.SSD 用に購入したのがある。
組み直し中 6 本目のビスを回している時、「ア、ヒートシートのフィルム剥がすの忘れてた」とやりなおしたことも。

今日 RX-5500XT –> RX-6600 に換装したところ、無事に使えている。 結果的に熱処理によるものだったと考えられる。
RX-5500XT と RX-6600 とでは GPU junction 温度で RX-6600 の方が 2 °C 高い。
たった一年半で当時 \63,000 も出費したのだからサイテーもう一年半は維持したい

樺太の間 – 水冷ポンプめげた

昨年十二月初旬の或る朝、PC 起動するもやがて強制終了。
再起動するも CPU 温度がぐんぐん上昇。
見ると、水枕の LED が消えていた。

ことは、この時期タイマーで暖房オンしていたはずだったが、タイマーセットをまちがえてしまったらしい。足元はファンヒーターを別途使用。PC は零度ないしマイナス一度くらいだったろう。
多分寒さでポンプが起動できなかったものとして捉えている。PC はデスク上ではなく窓際に配置。

仕事終了後 PC ショップに走る。「冬場だから空冷でもいいか」と DeepCool の AS500 を 140mm ファンに気づかず購入。
設置に際しては予期せぬ干渉があった。VRM やメモリーは問題なかった。
M2.SSD ヒートシンクに Ineo M-3 Fan を使っているので、少し押ささってる感じ。マ、これくらいならいいかと妥協。

ところがトンデモナイ問題が発生。タテ挿しのビデオカードが挿せないのだ。
やむなく、ブラケットを外してカードを挿す。
今度はブラケットがケースに取り付けられない。
再びのやむなくでブラケットをナナメに取り付けることで妥協。
無様な様はデジカメ故障に付き画像にすることができなかった。

つまり、大型空冷を使うならビデオカードのタテ挿しは諦めよということに。
そしてタテ挿ししたければ水冷にせよということになる。

その後あのブザマは解決したいと思い、M2.SSD はカードに挿して PCIex に挿すことにした。元々の台座は外して一時的にはゴムで抱かせている。
CPU クーラーは同じ DeepCool の AK500 なら Ryzen 7 5800X でも有用だろうと購入。
実際にはまだヒートシンクのフィンがビデオカード上辺に接触する。
しかしビデオカードはまだ当たるものの僅かにナナメ程度で済んでいる。

冬場だから温度は参考にもならぬが。室温 21°C。

  • CPU 18°C
  • GPU 40°C
  • GPU-mem 48°C
  • M2.SSD 21°C

室温+2°C でないのは PC がやや寒い位置にあるから。

記憶では M2.SSD をマザーボードに挿していたとき、GPU Junction は 35° 近辺だったハズ。 PCIe スロットに挿した所為でビデオカードのエアフロウが落ちたのだろう。

冬場はいいが、夏場にどうなるかだが、その時の状態を見てからにしよう。

マルチモニター

二年半ほど前から 24 インチ二台のデュアルモニターにしていたが、最近それでももう一つ欲しくなってきた。
今度は一枚をタテにして使いたかったからだ。
そしてどうせ増設するなら 31.5 インチ 2560 x 1440 としたい。

1920 x 1080 ならもっと安いのだが、今回は奮発してフィリップスの 328P6AUBREB を買った。

今はまだモニターアームが届かないので 24 インチのイイヤマと交換したスタイルになっている。
ピクセルサイズがイイヤマ 0.265mm に対してフィリップス 0.273mm なので違和感は全くナイ。
周辺部が暗いといったレビューがあったが、私にはセンターが明るすぎだと思う。明るさを 55% まで下げると気にならないと私は感じている。

私の PC 周辺は障子を除去した敷居と鴨居がある。 アームは当初この敷居と鴨居にステンパイプを固定し、それを潜らすようにアームを取り付けるつもりでいた。 当初はユニットコムの ARM-DUAL を予定していたが、根本の六角ネジが固すぎて手に負えなかった。(クレームして返品した)
同様の他社製品は高価でアキラメざるをえない。

そこで更に探すとサンコー社の MARM196FB がいいかなと思った。 レビューには「タテ型をセットすると思いっきりお辞儀する」といったのがあるが、恐らく FRP なのなんかもかなとも思うが、鴨居から引っ張ってやればいいだろうと思う。 部屋のド真ん中でない場合の特権だろう。

ただ今のビデオカード GTX-750 (Ti ナシ) は接続が Dsub/DVI-D/HDMI の三つでありアナログ接続はしたくない。
そのためビデオカードも更新せざるをえなくなった。

今回は Gigabyte 社の GTX-1050Ti を選択した。 接続が DVI-D/HDMIx3/DP という拡張性を買った。 但し納期が一ヶ月待ちというのがガン。