予備知識ナシの申請Lite

局免の期限が 6/07 である。前回はワザワザ windows に行くのがイヤで紙申請していた。

今回は申請 Lite を使ってみようと思った。
今回は win 起動するにキーボードとマウスを切り替えるにメンドーなんで切替器を用意してある。

普段 linux/win 並列起動させることがないので、Linux 機を OFF にして切替器を win 側にして win 機を ON する。通常の Linux は 31.5 インチモニターは DP 接続で三画面だが、win 機には HDMI 接続の一画面。
win は去年の国勢調査以来だ。

  • 3/28 win でユーザー ID 発行手続き。
  • 4/02 win で再免許申請。PayEasy 対応のインターネット・バンキングが必要と知る。
  • 4/03 銀行窓口でインターネット・バンキング申し込み。
  • 4/13 再免許審査通過。
  • 4/16 銀行から初期パスワード届く。ログオン成功。PayEasy にハードトークンが必要と言われ、申請。
  • 4/22 ハードトークンが届いたのを知ったのが夜。銀行サイトにログオンしようにもパスワードミスでロックされる。月曜日でなければ 0120 つながらず。
  • 4/26 銀行に 0120。4/28 00:00JST から有効と。4/28 なら支払期限が切れると考え再免許再申請。
  • 4/27 総合通信局からの FAX 気づかず。初回の番号で支払い手続きの催促。
  • 4/28 総務省サイトから銀行サイトへのリンクが異なることに気づかず、またもやログオンエラー。
    銀行 0120 に電話。ログオンするページがチガウと・・・ 銀行側のページリンクのマチガイなのか、総務省リンクのマチガイなのか。

どうもインターネット・バンキングに二種類のサービスがあるということらしい。

斯くしてやっと再免許の手続きを終わることができた。初回手続きがメンドーってのも・・・
あとで総務省サイトへは Linux からでもログオンができるのは確認はしたが、ソレ以上のことはしていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code