マルチモニター

二年半ほど前から 24 インチ二台のデュアルモニターにしていたが、最近それでももう一つ欲しくなってきた。
今度は一枚をタテにして使いたかったからだ。
そしてどうせ増設するなら 31.5 インチ 2560 x 1440 としたい。

1920 x 1080 ならもっと安いのだが、今回は奮発してフィリップスの 328P6AUBREB を買った。

今はまだモニターアームが届かないので 24 インチのイイヤマと交換したスタイルになっている。
ピクセルサイズがイイヤマ 0.265mm に対してフィリップス 0.273mm なので違和感は全くナイ。
周辺部が暗いといったレビューがあったが、私にはセンターが明るすぎだと思う。明るさを 55% まで下げると気にならないと私は感じている。

私の PC 周辺は障子を除去した敷居と鴨居がある。 アームは当初この敷居と鴨居にステンパイプを固定し、それを潜らすようにアームを取り付けるつもりでいた。 当初はユニットコムの ARM-DUAL を予定していたが、根本の六角ネジが固すぎて手に負えなかった。(クレームして返品した)
同様の他社製品は高価でアキラメざるをえない。

そこで更に探すとサンコー社の MARM196FB がいいかなと思った。 レビューには「タテ型をセットすると思いっきりお辞儀する」といったのがあるが、恐らく FRP なのなんかもかなとも思うが、鴨居から引っ張ってやればいいだろうと思う。 部屋のド真ん中でない場合の特権だろう。

ただ今のビデオカード GTX-750 (Ti ナシ) は接続が Dsub/DVI-D/HDMI の三つでありアナログ接続はしたくない。
そのためビデオカードも更新せざるをえなくなった。

今回は Gigabyte 社の GTX-1050Ti を選択した。 接続が DVI-D/HDMIx3/DP という拡張性を買った。 但し納期が一ヶ月待ちというのがガン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code