インターネットがプッツンプッツン

一月か二月頃、朝 PC を ON にして、ブラウザを起動しても「サーバーがありません」でいつもどおりに使えないことがあった。
コネクターを差し替えてみたりで凌いでいた。

やがて、インターネット接続」アイコンで一度 OFF にした後 ON にすれば、再起動するまでは保持することがわかった。
この程度ならそんなに煩わしくもない。
恐らく何かのアップデートで変わったのだろう。

それが五月に入ってから新しい HDD に Ubuntu Xenial Xerus をインストールした時のこと。
「言語サポート」をインストールしようと思っても、ダウンロードが途中で切れてしまった。
四回か五回 Ubuntu を再インストールしても変わらず。
終いには東芝製 HDD の所為かと HDD さえ疑った。

ショップへ出かける前に一度検索してみた。
古い記事だったが Ubuntu は iPv6 接続優先とかの語句が目に付いた。
それでもう一度 Xenial Xerus を差し込んで、接続を編集してみた。

接続編集

「無視」でもいいのだろうが、「「ローカルへのリンク専用」を選んでみた。
現用の Ubuntu Wily Werewolf にも適用してみる。

「道理で・・・ Ubuntu 以外の OS は正常なんだ。」

Win10 や LinuxMint 17.3 Cinnamon は問題が起きなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code