なぜだ Tarty Taht

Saucy Salamander は二つの環境を持っている。
Raring Ringtail (32bit) からアップグレイドした 64bit とクリーン・インストールした 64bit の二つ。

アップグレイドした方は時々妙なエラーが出るので普段は使っていない。
今これを書いているクリーンインストールの方も直接アップグレイドしようにもスタート二分くらいでウィンドウが消えてしまう。 Firefox の「以前のセッションを復元」が突如として働かなくなった。

以前のセッションを復元

普段三十個ほどのタブを開いている私にはこのトラブルは辛い。

そこでアップロードした方の HDD にクリーン・インストールすることにした。

ところが「言語サポート」をクリックしても「追加のインストール」が始まらない。
つまり、 mozc であろうと Anthy であろうと日本語が使えないことになる。

14.04LTS にした所為なのか今まで使っていた synaptic もソフトウェア・センターでは「依存が解決できない」としてインストールできないし、 mozc も setup mozc engine 一本になったようだ。

Unity のアイコンが 32px より小さくもできるようになったのは歓迎する。

こんな「言語サポート」は初めてだが、暫く Tarty Taht は諦めるしかないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code