入力ボックスを大きく (2) – CQRlog

Step 7

問題は三行目でしょう。IOTA や DOK/State を調整したい場合に。右端の Award は問題なし。
次の County がクセモノです。これは下にブルーラインが伸びている、つまり Comment to Callsign と連動しているのです。
そして左もスグ左の DOK/State でなくて IOTA にリンクされています。

左チェックを外すだけじゃなく cmbIOTA:TComboBox のプルダウンをてっぺんの (nil) にしておく。 (重要)

editCounty の場合

Left 259 → 299 に変更して Enter を押す。これで New QSO ウィンドウにも反映され、同時に Comment to Callsign も移動する。

editStateを選択

Step 8

DOK/State は排他的に配置されているが、これはフツーに扱うことができる。ただ State はクリックしただけではボックスが出てこないので、オブジェクト・インスペクターの Components 右の (Filter) に editState を入力しても効かないので、下の Comment to QSO をクリックして、オブジェクト・インスペクターでそのスグ下に editState があるので、その editState をクリックした方がいいでしょう。

Step 9

時計アイコンの sbtnTime も削除するワケには行かないが、他のボックスに隠れるならそれもアリでしょう。
全ての調整が終わったら、また外した左チェックをもとに戻す

Step 10

いよいよ試運転。今度はメインウィンドウ。
日本語メニューだと「実行」 → 「実行時引数」をクリック。デフォルトで「コマンドライン引数」に -DEBUG=0 と入っているので 0 → 1 に変更。OK を押す。

コマンド引数

Step 11

スキップエラー

「実行」→「掃除して構築」(英語だと Clean Up and Build) をクリック。そのまま「掃除して構築」をクリック。
「ファイル掃除に失敗」のエラーが出る。

Step 12

ここは無視して「スキップエラー」をクリック。

メッセージ・ウィンドウに<「プロジェクトをコンパイル対象:cqrlog 成功、警告:26」といったグリーン帯が出れば成功。警告数は git したバージョンによって異なるでしょう。

コンパイル成功

実行ボタン

Step 13

「実行」 → 「実行」若しくは Lazarus メニューアイコン三行目のグリーンの右矢印をクリック。
正常に起動できれば OK。

Step 14

この実行で /cqrlog/src に cqrlog という実行ファイルができているハズ。
プロパティを見て 58MB とか 74MB とかになっていればアンカーが中途半端になっていると疑うべきでしょう。

sudo cp /home/$USER/cqrlog/src/cqrlog /usr/bin

で /usr/bin にコピーしてやれば反映された New QSO ウィンドウが開くでしょう。

私が最初やったときは MySQL のエラーが出たり、また起動するのに 20-30 秒かかったり閉じれなかったりで散々でした。

sudo ln -s /usr/lib/x86_64-linux-gnu/libmysqlclient.so.21 /lib/libmysqlclient.so

したり、dbus-launch –exit-with-session cqrlog debug=1 で起動してやっと正常起動にありついたのでした。
PC のチップセットの所為なのかもしれません。

Saku には「CAT 抜きの CQRlog ユーザーがあるとは思いもよらなかった。」と嗤われしまったが・・・

結果を 11 文字コールの過去の QSO を Monaco 13 で表示してみた。

拡大の結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code