アンテナ、インドなんだけどぉ

先月 20 日午後 17m でインド局をコールしていた。
応答ナシとみた他局が強い信号を送ってきた。

JA かなと思ったが、デコードされたのはなんとカリブ海。

"J****K HI8PLE FK58"

HI8PLE-path

JT65 ではニューワンだったのでありがたかった。
とっさのことでアンテナを振るまでなく、そのまま QSO を続けた。
こちらには -09dB であったが、もらったレポートは -23dB だった。

15m バンドではそういう場面に遭遇したことがなかったが、 17m では屡々そういう状況に巡り会えた。

HI ドミニカ共和国といえば、 1st HI といえば、1991 年 10 月 17/12m 用ロータリー・ダイポールでシーズン前のスキー場で移動運用をしていた時のことだった。

国内に向けての CQ で空振っていた時、ゆっくりした口調で "Hotel India Eight Alpha" とコールされた。
その時はどこのカントリーであるか全く知識がなかったが、英語で互いに RS 55 のレポートを交換できた。

当時は CQ 誌も購読していたので、奈義さんという日本人オペレーターと知り早速 SASE を送った。
当時現三級局は 50W でなく 25W だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code