IARU test 2013

1200Z を過ぎて 21MHz のビームを EU に向けても全体的に信号が弱めだった。 (SSN 86)

1320Z 近く 21.357 で ET3AA が聞こえた。
ET ? ES が Estonia だが、 どうも Estonia ではなさそうだ。
qrz.com で調べると、ナント Ethiopia、 オォ、アフリカだ。
EU ビームだったのに強かった。
ビームを振って、三回ほどコールすると、 59 EARS と返ってきた。

さほどパイルになっていなかったのがラッキーだった。
今回の最大の収穫だった。

翌朝 W もパッとせずだったが、 XR3HQ (Chile) はパイルになっていた。
少し呼んでみるが、勝ち目がないと思い、時間を待つことにした。
やっとピックアップしてもらえた頃には恐らく 30 回は呼んでいたであろう。

8N1HQ は 21MHz で、 8N4HQ は 7MHz でできた。
午後に期待したが、 SSN は逆に 66 に下がっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code