「ubuntu」タグアーカイブ

FT8 そして LOTW

FT8 という新しいモードを知ったのは 7 月上旬だったと思う。
やがて WSJT-X v1.8.0-rc1 をインストール。

早速 17m FT8 をワッチする。
TR8CA が CQ を出していた。
私も CQ を出す。
彼がコールしてきた。(JT65 は QSO 済み)
斯くして FT8 ファースト QSO はアフリカとなった。

しかし、 eQSL も LOTW もニューモードとして認識されなかった。
ログソフト CQRlog はニューモード追加機能があるので問題ナシ。

何日かのち、 eQSL のログ・エントリーはプルダウンに FT8 が追加されていた。
しかし LOTW は LOTW の最新バージョンなら対応できるとロシアのフォーラムから知った。

私の LOTW は Ubuntu Software からの TQSL だったので、未対応だし、 configuration もアップデートのアナウンスは表示するも、イザ、アップデートと思ってもエラーになる。

別件で Ubuntu 再インストールせざるを得なくなった私は、以前できていた Ubuntu Software からの CQRlog も TQSL もエラーが出ることになって初めて PPA からのインストールにたどり着いた。

Ubuntu Mate 17.10beta1 も試してみるが、 Apport のエラーと Ubuntu software からの CQRlog インストール不成功で諦めた。

PPA から trustedqsl をインストールするも tq6 が今回は遅かった。
が、順調に FT8 モードのソレまでの QSO をアップロードすることができた。

「アクセス違反」

アクセス違反

今朝 CQRlog を起動すると見たことのないメッセージが。

ゆうべ操作マチガッただろか。
アンインストール・再インストールを繰り返しても変わらず。

隠しフォルダを削除してないからだが。
削除しても改善せず。

データ・ゼロでもエラーということは自分に責任がないことになる。

CQRlog のフォーラムを見てみる。
あった、自分だけじゃないんだ。

lotw1.txt を削除せよと。
どうも昨日と今日のアップデートでひっかかったようだ。

この時間で既に -24° 近い

インターネットがプッツンプッツン

一月か二月頃、朝 PC を ON にして、ブラウザを起動しても「サーバーがありません」でいつもどおりに使えないことがあった。
コネクターを差し替えてみたりで凌いでいた。

やがて、インターネット接続」アイコンで一度 OFF にした後 ON にすれば、再起動するまでは保持することがわかった。
この程度ならそんなに煩わしくもない。
恐らく何かのアップデートで変わったのだろう。

それが五月に入ってから新しい HDD に Ubuntu Xenial Xerus をインストールした時のこと。
「言語サポート」をインストールしようと思っても、ダウンロードが途中で切れてしまった。
四回か五回 Ubuntu を再インストールしても変わらず。
終いには東芝製 HDD の所為かと HDD さえ疑った。

ショップへ出かける前に一度検索してみた。
古い記事だったが Ubuntu は iPv6 接続優先とかの語句が目に付いた。
それでもう一度 Xenial Xerus を差し込んで、接続を編集してみた。

接続編集

「無視」でもいいのだろうが、「「ローカルへのリンク専用」を選んでみた。
現用の Ubuntu Wily Werewolf にも適用してみる。

「道理で・・・ Ubuntu 以外の OS は正常なんだ。」

Win10 や LinuxMint 17.3 Cinnamon は問題が起きなかった。