「JTDX」タグアーカイブ

P4 – Aruba

以前クラスターでは屡々見ていたが、 私のところに信号となって現れたことはなかった。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

普段は Ubuntu で公式の WSJT-X 1.7.0 を使っているが、 win10 には Игорь の JTDX v17.5.1 がインストールしてある。

昨日は win10 の MMANA-GAL basic でゴニョゴニョしていた。
突如濃いあずき色のデコードが 40m に出現した。
右端の P4 には気づかなかった、 ニュー DXCC の印だ。

-26 でも果敢にアタック、 数日前にも -26 をコールしたら -19 でコールバックの信号が入ってきた D1WW (ドネーツク)のようなこともあるから。
設定を濃いあずき色からグレイに変更後、 文字も読めるようになった。
100Hz とか 200Hz とか離れたところでコールしていたが、「これは埒アカン!」
8Hz 左まで側へ寄ってコール、 レポート付きで。

P4 アルバ

バックレポートがあった。
「やったあ!! 初めての P4 !!」

今は EU がサイドになったりすることのない「く」の字型逆 V なんだが、 恐らく水平よりも受信は劣ると考えられる。
そして何よりも打ち上げ角が高い(飛びが悪い)というのは致命的だ。
QRO さえすればという問題ではナイ。

設置方法の問題を置いといて、 今んとこ「く」の字型ハーフスクウェアを有力視。
打ち上げ角が低くなるので近隣が辛くなるのかなあ・・・・・

JTDX v16.0 succeded Linux (3)

CALL3.txt

20,000 局のコールサインが入ったこのテキストは、一部にミスデコードの箇所が見られるものの、非常に有効。

これは別のところに置きます。
ホームフォルダに .local から share → WSJT-X と開けてそこにコピーします。

jtsdk-asterisk

Hint ボタンを押している時、 CALL3.txt を助けにデコードされた CQ は右端にアステリスク * が付く。

アンテナ EU なのに NA がデコードされて * が付いていることも。

ランチャー・アイコン

WSJTXjtsdk-icon

ランチャーに WSJT-X がなく JTSDK からインストールした場合は Ubuntu では「安全でないアプリケーション」という取り扱いになり、 恐らくその改善方法はないだろう。

公式の WSJT-X 1.1/1.5/1.6 などがある場合にはランチャー・アイコンも活きるが、再登録してもアイコンクリックで起動するのは旧バージョン。
これも「安全でないアプリケーション」ということが災いしているのだろう。

「自動起動アプリ」に登録すれば本来のアイコンで表示される、

JTDX v16.0 succeded Linux (2)

最新リヴィジョン・インストール

ここからはターミナルで行う。 オプション指定をすればメニューからでもできる。
JTDX v16.0 をインストールするにも JTSDK からインストールした WSJT-X がなくてはならない。
即ち JTSDK を初めてインストールしたなら最新リヴィジョンの WSJT-X のインストールが必要となる。

jtsdk -d autorun -d skipsvn -e autosvn -e separate
jtsdk-wsjtx -b dev -n wsjtx -c release -t install

一行目はオプションの確認となる。
-d が無効、 -e が有効を意味する。
ただ、最新リヴィジョンが必ずしも安定版ということでないこと。
その場合は次のリヴィジョンを待つしかない。

インストールに成功した暁には

-----------------------------------------------------
 BUILD SUMMARY
-----------------------------------------------------
 Status ...: Development
 Name .....: wsjtx 1.7.0 r
 SVN URL ..: https://svn.code.sf.net/p/wsjt/wsjt/branches/wsjtx
 Source ...: ~/jtsdk/src/wsjtx
 Build ....: ~/jtsdk/wsjtx/dev/1.7.0//build/Release
 Install ..: ~/jtsdk/wsjtx/dev/1.7.0//install/Release
 KVASD ....: Not Required

 BUILD OPTIONS
 Number of cores ......: 4
 Cmake  Options .......: -D WSJT_GENERATE_DOCS=OFF -D WSJT_SKIP_MANPAGES=ON
 Global User Options ..: autorun separate 

 TO RUN WSJT-X
 cd .......: ~/jtsdk/wsjtx/dev/1.7.0//install/Release/bin
 Type, ....: ./wsjtx

r6809

ティルダは /home/NAME を意味して省略している。
Nautilus (ファイラー)を起動するとホームフォルダに jtsdk フォルダが生成されているはず。
最新リヴィジョンが成功しないとこれができないし、深層のファイルを操作することが JTDX v16.0 インストールに必要となる。

jtsdk-src-folder

JTDX への準備

ビルド済みパッケージは windows / Linux 問わず配布されていません。

JTDX v16.0 のソース

paste2src

この jtsdk – src – wsjtx フォルダを削除する。

そこへ src_JTDX_v16.0 フォルダ中の wsjtx フォルダをペーストする。

ペーストした wsjtx を開き v15.8_UI_1 をペーストする。

JTDX インストール

jtsdk -d autosvn -d skipsvn -e separate -e autorun

jtsdk-wsjtx -b dev -n wsjtx -c release -t install

最新リヴィジョン・インストールに成功すれば、 JTDX v16.0 も難なく済ませられるだろう。

JTDXv16_succeeded

Игорь の英文説明書には一旦リヴィジョンを r6462 にするというステップが書かれているが、先日「なくてもよさそう」とメールがあった。
一昨日届いた JTDX v16.1 の英文説明書もそのままになっていた。