「JT65/JT9/FT8」カテゴリーアーカイブ

FT8 そして LOTW

FT8 という新しいモードを知ったのは 7 月上旬だったと思う。
やがて WSJT-X v1.8.0-rc1 をインストール。

早速 17m FT8 をワッチする。
TR8CA が CQ を出していた。
私も CQ を出す。
彼がコールしてきた。(JT65 は QSO 済み)
斯くして FT8 ファースト QSO はアフリカとなった。

しかし、 eQSL も LOTW もニューモードとして認識されなかった。
ログソフト CQRlog はニューモード追加機能があるので問題ナシ。

何日かのち、 eQSL のログ・エントリーはプルダウンに FT8 が追加されていた。
しかし LOTW は LOTW の最新バージョンなら対応できるとロシアのフォーラムから知った。

私の LOTW は Ubuntu Software からの TQSL だったので、未対応だし、 configuration もアップデートのアナウンスは表示するも、イザ、アップデートと思ってもエラーになる。

別件で Ubuntu 再インストールせざるを得なくなった私は、以前できていた Ubuntu Software からの CQRlog も TQSL もエラーが出ることになって初めて PPA からのインストールにたどり着いた。

Ubuntu Mate 17.10beta1 も試してみるが、 Apport のエラーと Ubuntu software からの CQRlog インストール不成功で諦めた。

PPA から trustedqsl をインストールするも tq6 が今回は遅かった。
が、順調に FT8 モードのソレまでの QSO をアップロードすることができた。

おフランスの MM

1054  -7  0.1 1566 #  BONSOIR MCI73
1055  Tx      1567 #  BON VOYAGE 73

何度か QSO しているおフランスの /MM とのやりとり。

てっきり MCI サフィックスに 73 を送ったと解釈した私は送信し始めてから周波数をズラした。
時々私に 73 を送り、他局にレポートを送っていたことがあったからだが。

あとになって文字数が許せば BONSOIR MERCI 73 のつもりのハズと自分を嗤ってしまった。

ブルキナファソ XT

ここんとこ黒点ゼロの日ばっかりでちっとも面白くない。

過日 "QRV from XT" というタイトルのメールが届いた。

その一週間ほど前に 17m JT65 で QSO した DF2WO だった。
今度十月に行くのでそのスケジュールについて書いてくださいというものだった。

メールが届いて二日後くらいに qrz.com で検索してビックリした。
ナント過去二回も「ニューカントリー」としてお世話になっていたのだった、D44TWO そして 9X2AW。

私はフツーにペディションだと思い込んでいた。
昨夜「XT2AW 物語」なる pdf (恐らく私だけのために作成した?)が添付されていた。
ソレによると、彼は 1977 から当時のオートボルタ(ばかりではないが)で技術指導に応っていた、それで今回も現地の友達に会いに行くのだと。
私の周辺にはそういう人たちがいないので、そこまで考えが及ばなかった。

「ゾーン 35 の内陸なんて聞いたことがないよ」という私に「難しいはゼロでない」と言って VOACAP のサイトを示した。
それによると、彼のアンテナを 20m HEXBeam@10m とした時 UTC 7 時台に 15m CW 100W の可能性が 58% と出る。
そうしてみると去年の D44TWO を宛てて見た時 60% だったので、期待はできるのかなと思う。

このページには SSB/CW/AM しかないので、 JT65 ならという意味も含めてだろうと思うが、彼は楽観視していると言う。
ただ私はこの時期仕事があるので、ベストの UTC 7 時台にはワッチできない。

2015 にも QRV していたらしいが、気づかなかった、当時の ALL.txt も逸失している。