「App」カテゴリーアーカイブ

FT8 そして LOTW

FT8 という新しいモードを知ったのは 7 月上旬だったと思う。
やがて WSJT-X v1.8.0-rc1 をインストール。

早速 17m FT8 をワッチする。
TR8CA が CQ を出していた。
私も CQ を出す。
彼がコールしてきた。(JT65 は QSO 済み)
斯くして FT8 ファースト QSO はアフリカとなった。

しかし、 eQSL も LOTW もニューモードとして認識されなかった。
ログソフト CQRlog はニューモード追加機能があるので問題ナシ。

何日かのち、 eQSL のログ・エントリーはプルダウンに FT8 が追加されていた。
しかし LOTW は LOTW の最新バージョンなら対応できるとロシアのフォーラムから知った。

私の LOTW は Ubuntu Software からの TQSL だったので、未対応だし、 configuration もアップデートのアナウンスは表示するも、イザ、アップデートと思ってもエラーになる。

別件で Ubuntu 再インストールせざるを得なくなった私は、以前できていた Ubuntu Software からの CQRlog も TQSL もエラーが出ることになって初めて PPA からのインストールにたどり着いた。

Ubuntu Mate 17.10beta1 も試してみるが、 Apport のエラーと Ubuntu software からの CQRlog インストール不成功で諦めた。

PPA から trustedqsl をインストールするも tq6 が今回は遅かった。
が、順調に FT8 モードのソレまでの QSO をアップロードすることができた。

US カウンティと UAAC

DMC にも参加しているので UAAC での管理もしている。

qrz.com での情報を参照する設定にしている所為か、屡々 CQ/ITU のゾーンが違っていることもある。
「CQ/ITU のゾーンは間違えないだろう」とたかを高を括っているのもある。
稀に誤ったゾーンの QSL を受け取ることも。
アプリ CQRlog はそれらにアラートを発することはない。

CQ ゾーンのエラーは少なかったので既に修正済みだが、ITU ゾーンの方はまだ百数十ほど残っている。
しかメンドーなのは US カウンティだ。

W ではポータブルのスラッシュが付いていない場合、Loc で州の判断をするし、Loc が四ケタの時はそのセンターとしてしまう。

<QSO_DATE:8>20150212 <TIME_ON:4>2254 <CALL:5>AI4PF <MODE:4>JT65 <FREQ:6>21.076 <BAND:3>15M <RST_SENT:3>-01 <RST_RCVD:3>-10 <IOTA:6>NA-062 <GRIDSQUARE:6>EL94ns <APP_CQRLOG_DXCC:1>W <DXCC:3>291 <COMMENT:20>1st EL94 Duck island <ITUZ:1>8 <CQZ:1>5 <STATE:2>FL <CNTY:6>Monroe <CONT:2>NA <EOR>

この時、Loc が四ケタであれば、 FL さえエラーになる。

<QSO_DATE:8>20140716 <TIME_ON:4>1106 <CALL:5>ES4RM <MODE:4>JT65 <FREQ:6>21.076 <BAND:3>15M <RST_SENT:3>-18 <RST_RCVD:3>-21 <GRIDSQUARE:6>KO49al <APP_CQRLOG_DXCC:2>ES <DXCC:2>52 <ITUZ:2>29 <CQZ:2>15 <CONT:2>EU <EOR>

これも KO49 だと「ロシアだ」と難癖をつける。

ポータブルのスラッシュが付いていない場合 Loc と州やカウンティも不整合が起きたりするし、カウンティ名も Saint 〜は St. 〜でないと UAAC はエラーを発する。

ヒドイのは Saint Marys は St. Mary’s でないと通らない。
面食らったのは NM の Dona Ana、「どおしてえ?」と。
Google 先生に訊いてみる。
ヒットしたのは Doña Ana county だって・・・・・。

ニューモード FT8

先月末のロシアのフォーラムで K1JT が新しいモード FT8 に取り組んでいることを知った。

専有幅が JT65 の 1/3 ほどで 14 秒送信、
デコード効率は JT65 より若干落ちるらしいが、
短時間オープンなどのコンディションに有効と言う。
まだアプリケーションとしての発表はなく、ソースからのコンパイルが必要という。

今日フォーラムを見ると、ナント Linux AMD64 用のコンパイル済みアプリケーション deb のリンクが貼ってあった。
早速インストールする。

WSJT-Xv1.80rc1-mode

しかし何も信号は入ってこない。 まだ導入数が少ないのだから致し方なかろう。
073245 に JH1*** の CQ がデコードされたが、 ウォーターフォールに色はついてなかった。
-14dB の信号ではあったが、私のコールには応答なかった。

他の OS 用も http://physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/wsjtx.html にあった。