ブルキナファソ XT

ここんとこ黒点ゼロの日ばっかりでちっとも面白くない。

過日 "QRV from XT" というタイトルのメールが届いた。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

その一週間ほど前に 17m JT65 で QSO した DF2WO だった。
今度十月に行くのでそのスケジュールについて書いてくださいというものだった。

メールが届いて二日後くらいに qrz.com で検索してビックリした。
ナント過去二回も「ニューカントリー」としてお世話になっていたのだった、D44TWO そして 9X2AW。

私はフツーにペディションだと思い込んでいた。
昨夜「XT2AW 物語」なる pdf (恐らく私だけのために作成した?)が添付されていた。
ソレによると、彼は 1977 から当時のオートボルタ(ばかりではないが)で技術指導に応っていた、それで今回も現地の友達に会いに行くのだと。
私の周辺にはそういう人たちがいないので、そこまで考えが及ばなかった。

「ゾーン 35 の内陸なんて聞いたことがないよ」という私に「難しいはゼロでない」と言って VOACAP のサイトを示した。
それによると、彼のアンテナを 20m HEXBeam@10m とした時 UTC 7 時台に 15m CW 100W の可能性が 58% と出る。
そうしてみると去年の D44TWO を宛てて見た時 60% だったので、期待はできるのかなと思う。

このページには SSB/CW/AM しかないので、 JT65 ならという意味も含めてだろうと思うが、彼は楽観視していると言う。
ただ私はこの時期仕事があるので、ベストの UTC 7 時台にはワッチできない。

2015 にも QRV していたらしいが、気づかなかった、当時の ALL.txt も逸失している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code