WSJT-X v1.5.0-devel

Ubuntu でもカンタンに WSJT-X v1.5.0-devel をインストールすることができるようになった。
特段メーリング・リストに参加しているわけでもないので、ロシアの友達が知らせてくれた。

それで敢えて七メンドークサイ JTSDK からコンパイルせずともよくなった。
kvasd は *non-FOSS* ( Non Free Open Source Software ) のため同意を求められることになっている。
旧バージョン v1.1…v1.4 はアンインストールせずとも問題はない。

方法は Terminal で行う。

$ sudo add-apt-repository ppa:ki7mt/kvasd-installer
$ sudo add-apt-repository ppa:ki7mt/wsjtx-dev
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install kvasd-installer
$ kvasd-installer
$ sudo apt-get install wsjtx-dev

WSJT-Xv1.5devel

これでユニティに wsjtx が加わっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code