ページ表示速度 –GTmetrix

以前から Webwait は知っていたが、計測だけであって、「遅い」原因を掴むことはできなかった。

また「遅い」ことを調べていると GTmetrix なるサービスの存在を知った。

WP Super Cache を off にしていた時、Leverage browser caching が F の筆頭で評価は BB でしかもパーセンテージも低かった。
サーバーの .htaccess に

## EXPIRES CACHING ##
<IfModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType image/jpg "access plus 1 year"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 1 year"
ExpiresByType image/gif "access plus 1 year"
ExpiresByType image/png "access plus 1 year"
ExpiresByType text/css "access plus 6 months"
ExpiresByType application/pdf "access plus 6 months"
ExpiresByType text/x-javascript "access plus 6 months"
ExpiresByType application/x-shockwave-flash "access plus 3 months"
ExpiresByType image/x-icon "access plus 1 year"
ExpiresDefault "access plus 100 days"
</IfModule>
## EXPIRES CACHING ##

を加えると、それは解決した。

再々インストール後今度は css や js のファイル名に付いている ?ver=1.10.2 などがジャマだという。
これも JSやCSSに自動で付与されるバージョン番号を非表示に で解決できた。

この外部リンクも BWP External Links というプラグインで行っているが、このアイコン画像もたかが 1kb ほどで済むのに 49kb もの画像を使っていた。
まだ全ての画像を復元していないが、画像については昔からファイルサイズに気を配っていたが、 画像によっては jpg であっても高サンプリングのモードにしている。

しかしそれでも GTmetrix はアラートを送ってきている。(余計な世話じゃ! たかが 1kb にも満たないセーブでも。)
斯くしてパフォーマンス・レポートは A(95%) B (83%) であるが、 C ランクにあるのは Optimize images と Inline small CSS の二つ。
YSlow では

  • Use a Content Delivery Network (CDN)
  • Avoid AlphaimageLoader filter
  • Use cookie-free domains
  • Configure entity tags (ETags)
  • Make fewer HTTP requests

が F ランクと E ランクになっている。
多分 wp-include に含まれている jquery.js や jquery-migrate.min.js とか admin-bar.min.css は CDN 化できるのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code